HOME>トピックス>投資のためのマンションを購入することで資産を増やすという目的を叶えることが可能

目次

計画的に資産を運用することができる

投資用マンションから得られる利益というのは、家賃収入に他なりません。家賃収入は定期的に入ってくるお金になりますので、値動きするというわけでは無く安定しているのが特徴です。毎月どのくらい収入が入ってくるのかを予想することもしやすいですので、計画的に資産を運用することができるという意味で、十分に活用する意味があります。何よりも将来どのくらい入ってくるのかが分かるので、どのように活用するのかを決めやすいです。

相続税の節税に役に立つ

将来にわたって現金で保有するのではなく、相続税対策により投資用マンションに投資するという人がいます。現金を投資用マンションに変えることによって、相続税の評価額を下げることに繋がるので、相続税の節税にとても役に立つでしょう。

働かなくてもいい不労所得が得られる

不動産投資の場合は、どこに投資用マンションを買うのかということにより、利益が得られるのかどうかが決まります。ただ、買ってしまえばあとは何もしなくても不労所得が入って来ますので、何も働かなくても収入が入って来ます。老後の年金代わりにも使うことができるでしょう。

生命保険代わりになる

投資用マンションを購入する時には、住宅ローンと同じように団信に加入する必要があります。団信に加入することによって、もしローンを完済する前に亡くなったとしても、家族に支払い義務を残すことなく、資産を残すことができます。いわば、生命保険代わりとして利用できるということでもあるでしょう。