様々な変動を意識する

相談

マンション投資をする際には、家賃変動リスクを想定する必要があります。家賃が下落するパターンとしてその地域全体の価値が下落した時などがあります。ライバル物件が増えて競争が生じた時にも価格が下落することもあります。投資用マンションを購入する時には、周囲の開発計画などを知る必要もあります。周囲の開発計画を知ると地域がどのように発展するかを想定できます。地域の発展を考える際には人口動態がどのように変化するかを推測するのが大切です。人口が増える地域は住まいへの需要が増えて、マンション物件への需要が高くなります。土地価格によって投資用マンションにかかる費用は大きく異なります。

様々な選択をする

ビル

金利変動リスクの想定が、投資用マンションを購入する時にとても重要です。変動金利か固定金利かの選択はとても大切で、変動金利は半年ごとに金利が見直されます。固定金利は金利を安定させる手段とし人気で、一定期間金利が変わらない期間固定金利なども人気があります。固定金利には全期間固定金利などもありますが、全期間固定金利の場合は変動金利より高い傾向があります。投資用マンションをローンで購入する時は、金融機関の金利キャンペーンなどを活用すると効果的です。銀行の融資が盛んな時は、金利キャンペーンを銀行が行っている場合が多いです。投資をする時はタイミングを考える必要があり、投資が盛んになるかどうかは株式市場の動向にも影響されます。

どのようなことに影響されるか

手を上げる女性

投資用マンションの価格に影響を与えるのは土地価格の推移です。土地価格は金融機関の融資体制にも影響されます。低金利で景気が良い時は、金融機関の融資が盛んになる傾向があります。金融機関の融資が盛んですと、土地価格は安定化する傾向があります。投資を考える際には、グローバルな視点を持つことが大切です。世界の主要都市の土地価格の変動を参考にして投資用マンションを購入すると良いです。世界の主要都市と比較して日本の主要都市の土地価格が割安の時は、日本の主要都市の土地価格に投資が集中することもあります。投資用マンションにかかる費用を考える際には、購入する時のことを想定するのではなく、売却する時のことを想定する必要もあります。売却する時に土地価格が上昇していると、売却によりキャピタルゲインが得られます。購入費用を考える時は結果的にお得となるかどうかを判断するのが大切です。不動産投資はリスクを抑えて安定的な家賃収入を得られるのが人気の理由です。